2017年03月25日

歯科技工から歯科医療の将来を考える 相互リンク募集

「歯科技工から歯科医療の将来を考える」では相互リンクを募集しています。

ただし、管理人が以下に該当すると判断したサイトはお断りすることがあります。

・アダルト系サイト
・公序良俗に反するような内容を含むサイト
・その他、管理人がふさわしくないと判断したサイト

相互リンクは以下の手順でお願いします。

・相互リンク手順
1.貴サイトに当サイトへのリンクを設置してください。
  サイト情報は以下の通りです。
  紹介文は変更していただいても無くても構いません。

  サイト名
  歯科技工から歯科医療の将来を考える

  リンク先URL
  http://2008setagaya.seesaa.net/

  紹介文
  歯科技工から歯科医療の将来を考える

2.相互リンクの申し込みをしてください。

  申し込みはこちらから→メールフォーム

3.リンクを確認しだい貴サイトへのリンクを設置します。

歯科技工士の国家試験

試験問題および日程は都道府県により異なっています。

●学説試験
全科目必修です。

・解剖学(歯の解剖学・口腔解剖学)
・有床義歯技工学(全部床義歯学・部分床義歯学)
・歯冠修復技工学(クラウンブリッジ補綴学・保存修復学)
・矯正歯科技工学
・小児歯科技工学
・顎口腔機能学(咬合・咬合器)
・歯科理工学
・法規(歯科技工士法ほか)

●実地試験
・全部床義歯の人工歯排列と歯肉形成(必修)
・カービング(歯型彫刻)(必修)
・任意問題(内容は都道府県・受験年度によって異なります)
 (歯冠修復物のワックス形成、部分床義歯の維持装置・連結装置製作など)

●受験資格
・文部科学大臣、厚生労働大臣の指定した歯科技工士学校・養成所を卒業した者、または卒業予定者。
・歯科医師国家試験又は歯科医師国家試験予備試験を受験することができる者。
・外国の歯科技工学校卒業又は、免許を得た者で、歯科技工士学校・養成所を卒業した者、または卒業予定者。と同等以上と認定された者。
タグ:歯科技工士
posted by 歯科技工 at 10:43| 歯科技工士の国家試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯科技工士の現状、問題、将来

●現状
現在は広島大学を除いて専門学校、短大において教育を受けることができるが、技術の高度化に伴い4年制への教育期間の延長が検討されている。

●問題
現在、歯科医療において技工料が低く見積もられており、技工士の所得水準が低いことが問題となっている。

この水準が続いた場合、将来的に技工士の志願者が減ることが懸念されており、適切な評価が求められている。
●将来
これまでは歯科技工士は補綴に関する領域で活動をしてきたが、将来的には歯科医学が再生医療等の遺伝子技術を応用する領域に拡大していくことが予想されている。

そのようになった場合、歯科技工士がどのように歯科医療に関わっていくことになるのかは現在のところ未知数である。
タグ:歯科技工士
posted by 歯科技工 at 10:43| 歯科技工士の現状、問題、将来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯科技工士とは?

歯科技工士は、歯科医師が作成した指示書を元に入れ歯や差し歯、銀歯などの製作、加工を行う医療系技術専門職です。

歯科技工士は歯科技工士法に基づく歯科技工士国家試験に合格した者に対する厚生労働大臣免許の国家資格で、業務独占資格であるため、歯科医師もしくは歯科技工士以外が歯科技工業務を行うことは法律で禁止されている。

歯科医療の向上と医業の分業化に伴い、高い精密技工技術と審美感覚が求められており、義歯といった口腔関連のものだけでなく、顎顔面領域において義眼や耳介、その他では義指など様々な補綴物を製作している技工士もいます。
タグ:歯科技工士
posted by 歯科技工 at 10:43| 歯科技工士とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright (C) 歯科技工から歯科医療の将来を考える All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。